FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソードアート・オンライン」 第19話 「ルグル-回廊」

まずはリーファの魔法講座から。
ALOでは魔法を使う時は、呪文を暗記して、音声入力する必要があるそうですよ。
最上級の魔法になると、20ワードも詠唱しないとならないとか。

無理無理無理。

うーん? いやでも中学生くらいの時の記憶力ならできないこともないでしょうか。
国語の教科書丸暗記朗読とかしたことがありました。
かなり記憶力がよかった覚えがあります。
高校ぐらいから急激に頭悪くなりましたけど。

それはともかく、二人もまだ十代半ばということは、できないことではないんでしょうね。
でもこれRPGやる層に多い、コツコツレベル上げ派にはきついゲームですね。
SAOもそうでしたけど、本人の能力重視という点で、人を選びますよ。
運動神経ほぼ無い私なんかは、そもそも空を飛べなさそうです。

ちなみにキリトが選んだ「スプリガン」という種族は、RPG的に言うと「盗賊」ポジションで、幻惑魔法ぐらいしか使えない不人気種族なんだとか。

そして、ユイちゃんのおかげで追手がいることに気がついた二人は一緒に逃げました。

どうやら追手は「サラマンダー」のようです。

なんとか「鉱山都市ルグル-」の入り口に辿り着いた二人でしたが、行く手にいきなり土壁が現れましたよ。
これも襲撃者の魔法のようです。
土魔法でしょうか。

なんだかいっぱいいる敵は、遠距離攻撃・盾・回復に役割分担してキリトに挑んできました。
すごいですね。
ボス戦仕様ですか?

いくら攻撃しても、きっちり回復して集団で攻撃してくる敵に、キリトも手も足もでません。

そこでデスペナルティを覚悟で諦めようと言うリーファですが、SAO時代のトラウマで、キリトは仲間を絶対に死なせない覚悟です。

こういうプレイもいいですが、ALOというゲーム的に言うと、死ぬのもありなのではと思います。

追いつめられたキリトは、魔法を詠唱し出します。
それは「見た目をモンスターに変える幻惑魔法」でした。

きっととんでもないことになるんだろうなと思ってたら、本当にとんでもないことになりました。

あの悪夢、SAOの74層のボスの姿が。

名前なんでしたっけ。

その恐ろしい悪魔に姿を変えたキリトは、サラマンダーたちをムシャムシャと貪り出します。
阿鼻叫喚の渦ですよ。
ゲーム内とはいえ、こんな死に方は嫌ですよね。

しかし楽勝でした。

悪魔になってる時のことはあんまり覚えてないらしいですが、リーファに言ったら引かれました。
キレると記憶が無いとかドン引きですよね。

ちなみにサラマンダーたちを食べてた時の味覚データが記憶に残ってて、「焦げた焼肉のような香ばしい味」だったそうです。
これプログラムしたの誰ですか?
基本データがSAOだとしたら、茅場がやったんでしょうか。
少なくとも茅場の指示ではあるんでしょうね。
どういうこだわり具合なんでしょうか。

生き残ったサラマンダーを買収して聞き出した情報によると、キリトたちは、作戦の邪魔だから始末されそうになったようです。

そういえば、戦闘前にレコンからメッセージがきてました。

気になったらしいリーファは、ログアウトして長田くんに連絡をとることにします。

そして携帯を開けてみたら、恐怖劇場が。
着信履歴にびっしりと長田。
これリアルでやられたら警察を呼ぶレベルです。

しかし長田くんには緊急事態を知らせるという理由があったらしいです。

サラマンダーは、シルフとケットシーの同盟を潰すつもりなようで、リーファの元パーティーメンバー、シグルドが関わってるとか。

世界樹どころではなくなったリーファです。

世界樹攻略にはサラマンダーに味方した方がいいというようなことをリーファが言いますが、ゲームの中だからこそ利益のために仲間を裏切ることはしないとか言うキリト。

そこで二人で手をとって、シルフとケットシーの調印式に向かって、猛スピードで飛んで行きました。

さて、ふたりは間に合うのでしょうか。

そして忘れられたアスナはどうなるのか。



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

「ソードアート・オンライン」 第18話 「世界樹へ」

冒頭は、直葉がALOにハマった理由が語られてます。
お兄ちゃんがハマっていたネトゲを知りたいとこから始まりましたが、ALOで飛ぶ快感を覚えてしまったらしいです。
すごい危険な感じがしますね。

直葉が学校にいくと、レコンの中の人長田が声をかけてきます。
イメージはあんまりレコンと変わらないですね。
リアルでリーファちゃんとか呼びかけるとか、でもリア友とネトゲとかすると呼び方に困りますよね。
まあネトゲ内で本名呼ばれるよりはマシなのでは。

ALO内の酒場でキリトと待ち合わせをして、武器屋で世界樹攻略のための装備を整えることになりました。

キリトの所持金はどうやらSAOのものが引き継がれてるみたいですよ。
大金持ちですね。

大剣を選んだら、リーファがクスクス笑い出しましたけど、大剣は使えない武器なんでしょうか?
初心者がやらかしそうなことをしている雰囲気です。

二人は世界樹を目指すために、まずは塔の頂上に行くわけですが、リーファが所属していたパーティーのリーダーのシグルドが現れます。
リーファがパーティーを抜けるのを知って、他の仲間に迷惑がかかると思わないのかみたいな。
そんなシグルドに、キリトは「仲間はアイテムじゃない」と言い放ちました。
私はネトゲはあんまりやらないのでよくわかりませんが、実際こういう人はいるらしいですね。
キリトの言葉に怒ったシグルドが剣を抜きますが、なんだか注目されていることに気がついて、捨て台詞を残して去って行きました。

これでリーファはなし崩しに、領地を捨てた「レネゲード」になってしまいました。
裏切り者とか離脱者とかいう意味らしいですよ。

リーファは、仮想現実の世界でまで決まりに縛られる今の状態に飽き飽きしてたので、そのうち抜けようと思っていたらしいですが。

一方そこで合流したレコンですが、気になることがあるとかで、それを調べるためにまだパーティーに残るようです。
それにしても、「この剣はリーファちゃんだけに捧げてるんだから!」とは、真正面から告白ですよね。
リーファにはまったくその気がないようですけど。

そんな中、アスナはオベイロンのセクハラに耐えています。
キリトを現実世界で絶望させたことを得意気に話しているオベイロンですが、これにはキリト君が生きていると感激されてしまいました。
調子に乗って話しすぎる妖精王です。
アスナが鏡を使って、鳥籠のパスワードを盗み見ていました。
これで突破できるんですか?
そんなこととは知らずに、妖精王絶好調です。

「あいつにナーヴギアを被る度胸なんて無い! 賭けてもいい!」

既にログインしていますが(;´∀`)

子安さんノリノリですね。
こいつがどんな末路をたどるのか楽しみでなりません。

まだ3巻までしか読んでないんですけど、アニメ全話見るまで封印しておこうかと。

一方キリトとリーファは、すっかりデートみたいになってました。

ALOではログアウトしてもキャラクターが残るらしく、無防備になったキャラを交代で守らないといけないとか。
ソロプレイの人はどうするんでしょうか。
というか、これかなり不便な気がしますね。

キリトがログアウトしている時に、ユイと女子会的なおしゃべりをしているリーファです。

キリトが戻ってきたら、何故か間接キス展開があったりと砂を吐きそうですよ。

そして最後に、世界樹へ向かうキリトとリーファの後をつける謎の一団が登場して終わりでした。

血が繋がってても繋がってなくても、あんまり近親相姦に興味が無いので、直葉のときめきが楽しめません。
これが男同士とか女同士だとむしろ好物なんですが、男女だと鳥肌がたちます。
やはり貴腐人なせいでしょうか。
直葉には悪いけど、まったく応援しませんのであしからず。

早くキリトがアスナと再会して、須郷と対決して欲しいですね。

女の子も大好きなんですけど、やはりホモがないと燃えません。



「ソードアート・オンライン」第17話「囚われの女王」

ひとりの女の子を集団でPKしようとしていた連中を、圧倒的強さで倒したキリトを、助けられたリーファは警戒しています。
まああからさまに怪しいですしね。

助けられたからすぐ惚れるという展開は今回はないようです。
でもすぐに惚れられてしまうのは当然の成り行きでしょうが。

キリトは冗談で相手の緊張を解します。
人見知りは治ったのですか?
SAOでの経験がキリトを変えたのでしょうか。

キリトが迷子だと知って、リーファが警戒を解いてくれました。
あれだけ凄腕で、プライベートピクシーまで持っているのに迷子とか、さらに不審を煽りそうですけど、ギャップ萌えというやつなのかもしれません。

リーファは直葉なわけですが、もちろん互いが兄妹だとはまったくわかりません。

助けてくれたお礼に一杯奢るというリーファに、キリトもALOのことを教えてもらうことになりました。

シルフの街まで飛んでいくことになったのですが、その道中コントローラーなしで飛ぶ方法を教えてもらったりしました。
最初はふらふらしていたキリトですが、持ち前の反射神経と多分SAOでの経験値からだと思いますが、すぐに飛行のコツを掴みます。
しかし着地には失敗して、オブジェクトに衝突したりして、シルフの街になんとか到着しましたよ。

そこに前回PKされたリーファのフレンドのレコンがきて、キリトに剣を向けたりしました。

確かデスペナルティとかあるんでしたよね。
それが何かは知りませんが。

リーファにまとわりつくレコンを放っておいて、キリトとリーファは食事に行きます。

そこで世界樹のこととかを教えてもらいますが、リーファはかなり古参で事情通のようでした。

なんでも世界樹の頂上に最初に到達して「妖精王オベイロン」と謁見した種族は、高位種族であるアルフに転生して、永遠の滞空時間を手に入れることができるんだそうです。
種族間の争い推奨な感じですけど、サービス開始から一年たった今でも、世界樹に到達したものはいないとか。

「何年かけてでも世界樹を攻略してみせる」とかリーファは言ってますが、それではキリトには遅すぎます。

タイムリミットは一週間。
それでアスナはゲス野郎と結婚させられてしまうのです。

真剣な様子のキリトに何を感じたのか、リーファは世界樹攻略に協力すると強引に約束しました。

そしてログアウトしたリーファですが、現実では直葉が大胆なことをしてしまった自分に赤面してアワアワしています。

ここで直葉とリーファが同一人物だとわかるわけですが、同じ家の中で兄妹が別々に同じゲームにダイブしているのかと思うと少し笑えます。

どうみてもキリトに興味津々の直葉ですが、その頃キリトは娘のユイと添い寝中でした。

一方世界樹にある鳥籠の中では、アスナがヒロインらしく監禁されていました。

そして彼女の前に、妖精王オベイロンとか名乗る、正体はレクトの主任の須郷伸之が現れます。

予想通りの展開です。

SAOプレイヤー300人が目を覚まさないのは、須郷がALOに監禁しているかららしいですよ。

須郷がアスナをティターニアとか呼ぶのがうすら寒いです。

なんと須郷は監禁した300人を使って人体実験をしているらしく、アスナと結婚して、野望を実現させようと狙っているようです。

茅場のシステムを使って、記憶まで操作できるとか言ってますが、かなり痛い人だということがよくわかります。

そして須郷はアスナの胸元のリボンに手をかけ、さらに思わせぶりに間をおいて、

「冗談さ、言ったろ?君に無理やり手はかけないって…」

うざァァァァァ!!!!
なんというウザさでしょうか。
アスナが汚されなかったことは安堵しましたが、あまりのウザさに気を失いそうです。

最後に、オベイロンの前では気丈に振舞っていたアスナが、「助けてキリトくん」と最愛の夫に助けを求めていたのが印象的でした。

「ソードアート・オンライン」 第16話 「妖精たちの国」

鳥かごに囚われたアスナの映像を送ってきたエギルのとこに向かったキリトです。

エギルはバーのマスターなんでしょうか。

そしてネトゲ脳のままバーに高校生の身分で堂々と入る和人は痛いです。
うーんまあ2年間という生死を共にした戦友なんだからしかたがないといえばしかたがないですけど、現実に戻っても敬語を使わないのはどうかと。

そこでエギルが出してきたのは、『アルヴヘイム・オンライン (ALfheim Online)』というオンラインゲームでした。
PK推奨で、レベルは存在せず反復使用でスキルアップ、戦闘はプレイヤーの運動能力に依存とか、これかなりきついですよね。

これが今大人気な理由は、空を飛べるからだそうで。

それはかなり魅力的ですが、リアル能力がないと難しそう。

そんなゲーム内でアスナの映像がとれたということですが、まずALOでは、「9つの種族が世界樹と呼ばれる巨大な樹木の頂点を目指す」というのが目的だそうで、キャラクターの滞空時間には限りがあって、世界樹まで飛んでいくのは不可能だったりするらしいです。

しかしプレイヤーの中には、かなり工夫して高くまで飛べるように共同作業を行った連中もいたということで、その中のひとりが、世界樹に鳥かごに囚われた女性キャラを発見し、スクショで撮ったらしいです。

キリトはアスナを取り戻すためにALOに潜ると決心します。

エギルと、アスナを加えてオフ会すると約束しましたよ。

「死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ!」

とか、キリトは本当に痛々しい。
そこが可愛いところですけど。
いや、殺すか殺されるかのデスゲームを2年間も最前線で戦った猛者なわけですが、現実に帰るとここまで中2病をこじらせているように見えるのかと。

家に帰ってから、ナーヴギアでALOにダイブします。

キャラメイクは種族を決めたら容姿はランダムのようですね。

スプリガンという黒い種族を選んだキリトはブレないです。

しかしログインした途端に不具合が発生し、なにもない森の中に転送されてしまいました。
これ普通街の中が最初ですよね。
運営がどうなってるのか心配です。

まずはログアウトできるかどうか確認してホッとします。

ここでスキルを確認したらバグってることに気が付きますが、よくよく見ると、SAOでのスキルレベルが同じになっているようです。

スキルが引き継がれていることに気がついたキリトは、大事にしていたあのアイテムを使用します。

ユイぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!

キリトとアスナの娘であるユイが復活しました。

感動の再開を果たした親子ですが、ユイによると、ALOのシステムはSAOのコピーらしく、SAOのセーブデータがそのまま残っていたようです。
なので、キリトは初めてのゲームなのに強くてニューゲーム状態となっていました。
自分で言ってますけど、チーターですね。
現実世界のタイムリミットが1週間ですから、ちまちまレベル上げをしている時間がないので、このぐらいは仕方がありません。

ユイの立場ですが、ALOではナビゲーション・ピクシーということになるそうで、羽根つき小妖精に変化しました。

早速飛行の訓練をするキリトですが、勝手がわからないようです。
リモコンをもって飛びますけど、上級者はなくても飛べるみたいですね。

ユイと街に向かっていたら、近くにプレイヤーがいることに気が付きました。

二人のプレイヤーが、集団に襲われています。

男の方が先にPKされ、金髪の女の子リーファの方も滞空時間が切れて追いつめられているようです。

3人いる敵は空中で余裕綽々です。

そこに空から落ちてきたキリトが圧倒的強さでリーファを助けます。

ドヤ顔のキリトですが、リーファはどう受け取るのでしょうか。

て、リーファは妹の直葉なわけですが。

キリトの容姿もリーファの容姿も現実世界とは異なっているので互いにわからない設定です。
ああ、これは現実世界とネトゲ世界の両方で甘酸っぱいことになりそうですね。
そして直葉はダブルパンチで振られてしまうと。
なんて罪深いんでしょうかキリトは。

「ソードアート・オンライン」第15話「帰還」

いつ最終回までいけるのかわからないソードアート・オンラインの感想日記ですよ。

6000人の命を救って、現実に帰ってきたキリト(桐ヶ谷和人)ですが、前回のやせ細った身体から、日常生活が営めるまで回復しました。

しかし、重度のネトゲ脳になっている和人は、妹の直葉の竹刀を装備として鑑定したりとかしています。

直葉との剣道シーンでは、現実との区別がつかないのか、アインクラッド流の剣術(片手)で直葉を翻弄したりとか。
これマトリックス的なあれなんでしょうかね。
結局脳がイメージできることが重要みたいな。

剣道また始めるかなみたいなことを言う和人に、直葉は大喜びですが、ある女の所にお見舞いに向かう姿を見て心を痛めるシーンが。
もう直葉がお兄ちゃん大好きなのが傍から見てバレバレですよ。

そして和人が病院に向かった先には、未だ昏睡状態のアスナがいました。

クリア報酬としてなのかどうか、アスナの脳は無事だったようですが、生還者6000人のうち、300人は昏睡状態のままだとか。

沈痛な面持ちでアスナを見つめる和人の前に、アスナの父親と、変態チックな男が現れました。

その男須郷伸之は、アスナの父親の部下で、SAO開発会社アーガスの代わりにサーバーを維持しているようです。
それ生殺与奪権を握られてるっていいませんか?

とうか声、子安さんですよね?

なんということでしょう、アスナの父親は、須郷とアスナの結婚を認めるつもりらしいです。
ひどいです。
アスナが気がついたら死にたくなります。
親の気持とか考えたくないです。

まあキリトとアスナがSAO内で結婚してましたとかいう方が、親にとっては受け入れがたいことでしょうが。
どれだけ信用されてるんですがこの変態。

初見から変態だと思ってました。
そしてやはり行動も変態でした。

父親が去った後、和人の前でアスナの髪の匂いをかぐ須郷。
NTR台詞を吐きましたよ。
子安声でやると効果はバツグンです。

ここで思いました。
須郷×和人(キリト)はありだと。
もちろん愛なんてない、鬼畜もので。
アスナを人質に色々されてしまうキリト美味しいです。

家に帰って落ち込んで泣いちゃう和人を、直葉が抱きしめて慰めます。
好きな人を諦めちゃダメだと言う直葉ですが、自分の気持に嘘をつかないことを決めます。

ここで実は、直葉と和人が従兄妹だということが設定が明かされます。

次の日、直葉に添い寝してもらった和人が、直葉のほっぺたをツンツンしたりして起こして赤面させるギャルゲーみたいな展開があります。

そのあと、エギルからアスナの目撃情報が入ったところで終わりました。

3巻まで原作読んでるんで、だいたいのことはわかりますが、すごい急展開でした。
アニメ全部観る前に原作の続き読むべきか迷いますね。

«  | ホーム |  »

2017-09

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

今日ここカウンター

 

 

プロフィール

 

亜積史恵

Author:亜積史恵
腐女子という年齢でもありませんが腐ってることは確実。
猫好きですよ。

 

最新記事

最新コメント

 

 

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

 BLサイトのランキングです

[ジャンルランキング]
アダルト
84734位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
360位
アクセスランキングを見る>>

 

最新トラックバック

 

 

フリーエリア

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。