FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「翠星のガルガンティア」 第3話 「無頼の女帝」

前回、襲ってきた海賊を蒸発させてしまってドン引きされたレドとチェインバーです。

宇宙戦争で命が使い捨てみたいなとこで生きて来ましたら、敵を殲滅することに疑問をもたないようです。

帰ってきたレドに海賊はどうしたのかとエイミーが聞いたら、全滅させたとサラッと答えました。
レドとして当然の行為です。
しかし、エイミーは、「レドの馬鹿!!」と泣き叫んで走り去ってしまいました。
それに混乱するレド。
レドにしてみたら、頼まれたことを完遂したのに、罵倒されて意味がわかりません。

一方海賊を全滅させたことで、向こうも本気でこっちを殺しに来るという状況に追い込まれたガルガンティアですが、リジットはレドたちを追放することを進言します。
それで海賊が納得するわけもないので、レドを海賊に引き渡そうとか言うおっさんも出てきますが、海賊を一瞬で蒸発させてしまう実力の持ち主をどれだけ舐めてるのか。
海賊を全滅させるのは論外ですが、レドに協力を求めるのが一番だと思うのですがどうでしょうか。

そしてエイミーとベローズが、鳥の死骸をもって、レドたちの所に翼で飛んできました。
また死骸かとなるレドですが、七輪で焼く鳥肉は美味しそうですよ。

ベローズがレドに、海賊を殺した理由を聞きますが、「敵の排除に理由が必要なのか?」と返されましした。
レド的には質問の意図すらわかりません。

そこでベローズが、無闇矢鱈と殺生するのはいけないことだみたいなことを言います。
まして海賊は人間で同族だと。
私達も魚や鳥を殺して食べるけど、それは必要な分だけしか殺してないと。

うーん、理想としてはわかりますが、現実に則してるんでしょうか。

実際海賊はいるわけですし。
それに自分がレイプされかけてて、助けてくれた恩人相手に説教してますし、まったく納得がいきません。
それともレイプされかけとか誤解で、ここの海賊たちは、女子供には手をかけない紳士的な人たちなんでしょうか。

海賊との戦闘も、こっちに手を出してもいいことないよとわからせるだけでいいとか言ってますけど、今実際にこっちを全力で殺しにきてるんじゃなかったでしょうか。
ダメです。
共感出来ません。

『魚を釣ってきたものには真水をあたえよ』ということわざがあるとか言ってきましたよ。
相互扶助の精神らしいです。

まあレドがいつまでいるかわからないわけですから、それに頼りすぎるのも良くない話ではあります。

最後にベローズは、助けてくれたことをありがとなとか言いますけど、それはまず最初に言わなければならないことではないでしょうか。
エイミーも「ホントにありがとー!」と言ってまた飛んで行きました。
エイミーは素直な子だなと思えますが、ベローズはいただけません。
褐色おっぱいと、大変好みですがごまかされませんよ。

そして海賊艦隊の方ですが、レドの攻撃から運良く助かった海賊が、濡れネズミで報告に上がっています。
女首領のラケージが報告を聞きます。
半裸の女奴隷二人を鎖に繋いではべらす女ボス。
どうしましょう、ドキドキします。

ガルガンティアの重役たちが海賊への対応を話し合ってますが、どうしたらいいのかわからない中、レドに渡した通信機をベローズが使いました。
レドに協力してもらったらいいんじゃないかということになりました。
反対する人たちは何か代案があるのでしょうか。
あなたたちに海賊への抑止力があるとは思えないのですが、よくここまで生き残ってこれましたねという感じです。

そして戦闘に介入することになったレドとチェインバーですが、今回は陽動に徹することになりました。
照明で相手の艦隊を照らすのですが、夜間に海賊たちだけが丸見えです。
こちらの砲撃が当たり放題ですね。

さらにチェインバーは、戦艦に生体反応があるかどうか確認し、人死が出ないようにしながら相手艦を無力化していきました。

そんな中、ユンボロでしたっけ、ラケージがそれに乗ってチェインバーを捕獲して、奴隷かと思っていた女ふたりが協力して海に引きずり込もうとします。
しかし兵器のレベルが違いすぎるので、降伏せよと言いながらプロレス技みたいな感じで、ラケージのユンボロと女奴隷二人の小型船を振り回しました。
これはギャグですか?
絶対降伏しないと頑張ったラケージですが、遠心力のGで失神してしまいました。

ラケージがやられて、海賊たちは慌てて逃げ出します。

今回はヒーローとしてガルガンティアの皆に感謝され大歓迎を受けるレドでした。
前回も感謝して欲しいところですがまあ仕方がないでしょう。

そしてレドの処遇をどうするか話し合ってる重役たちが、すごい上から目線なのはなんなんでしょうか。

最後にエイミーが満面の笑みで、ピチピチの生魚を持ってきてくれました。

そしてレドが覚えたばかりの現地用語で感謝の言葉を告げます。

「あり…ありがとぉ」

微笑ましい異文化交流の第一歩でした。

エイミーとレドの交流なんかはいいと思いますが、ベローズの変な理想論とかが違和感を感じさせてどうなのかと。

でも海賊との戦闘シーンとか燃えたので、次回も楽しみにしたいと思います。

録画してるやつまだ観ていませんので。



スポンサーサイト
[PR]

「ソードアート・オンライン」 第16話 「妖精たちの国」

鳥かごに囚われたアスナの映像を送ってきたエギルのとこに向かったキリトです。

エギルはバーのマスターなんでしょうか。

そしてネトゲ脳のままバーに高校生の身分で堂々と入る和人は痛いです。
うーんまあ2年間という生死を共にした戦友なんだからしかたがないといえばしかたがないですけど、現実に戻っても敬語を使わないのはどうかと。

そこでエギルが出してきたのは、『アルヴヘイム・オンライン (ALfheim Online)』というオンラインゲームでした。
PK推奨で、レベルは存在せず反復使用でスキルアップ、戦闘はプレイヤーの運動能力に依存とか、これかなりきついですよね。

これが今大人気な理由は、空を飛べるからだそうで。

それはかなり魅力的ですが、リアル能力がないと難しそう。

そんなゲーム内でアスナの映像がとれたということですが、まずALOでは、「9つの種族が世界樹と呼ばれる巨大な樹木の頂点を目指す」というのが目的だそうで、キャラクターの滞空時間には限りがあって、世界樹まで飛んでいくのは不可能だったりするらしいです。

しかしプレイヤーの中には、かなり工夫して高くまで飛べるように共同作業を行った連中もいたということで、その中のひとりが、世界樹に鳥かごに囚われた女性キャラを発見し、スクショで撮ったらしいです。

キリトはアスナを取り戻すためにALOに潜ると決心します。

エギルと、アスナを加えてオフ会すると約束しましたよ。

「死んでもいいゲームなんてヌルすぎるぜ!」

とか、キリトは本当に痛々しい。
そこが可愛いところですけど。
いや、殺すか殺されるかのデスゲームを2年間も最前線で戦った猛者なわけですが、現実に帰るとここまで中2病をこじらせているように見えるのかと。

家に帰ってから、ナーヴギアでALOにダイブします。

キャラメイクは種族を決めたら容姿はランダムのようですね。

スプリガンという黒い種族を選んだキリトはブレないです。

しかしログインした途端に不具合が発生し、なにもない森の中に転送されてしまいました。
これ普通街の中が最初ですよね。
運営がどうなってるのか心配です。

まずはログアウトできるかどうか確認してホッとします。

ここでスキルを確認したらバグってることに気が付きますが、よくよく見ると、SAOでのスキルレベルが同じになっているようです。

スキルが引き継がれていることに気がついたキリトは、大事にしていたあのアイテムを使用します。

ユイぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!

キリトとアスナの娘であるユイが復活しました。

感動の再開を果たした親子ですが、ユイによると、ALOのシステムはSAOのコピーらしく、SAOのセーブデータがそのまま残っていたようです。
なので、キリトは初めてのゲームなのに強くてニューゲーム状態となっていました。
自分で言ってますけど、チーターですね。
現実世界のタイムリミットが1週間ですから、ちまちまレベル上げをしている時間がないので、このぐらいは仕方がありません。

ユイの立場ですが、ALOではナビゲーション・ピクシーということになるそうで、羽根つき小妖精に変化しました。

早速飛行の訓練をするキリトですが、勝手がわからないようです。
リモコンをもって飛びますけど、上級者はなくても飛べるみたいですね。

ユイと街に向かっていたら、近くにプレイヤーがいることに気が付きました。

二人のプレイヤーが、集団に襲われています。

男の方が先にPKされ、金髪の女の子リーファの方も滞空時間が切れて追いつめられているようです。

3人いる敵は空中で余裕綽々です。

そこに空から落ちてきたキリトが圧倒的強さでリーファを助けます。

ドヤ顔のキリトですが、リーファはどう受け取るのでしょうか。

て、リーファは妹の直葉なわけですが。

キリトの容姿もリーファの容姿も現実世界とは異なっているので互いにわからない設定です。
ああ、これは現実世界とネトゲ世界の両方で甘酸っぱいことになりそうですね。
そして直葉はダブルパンチで振られてしまうと。
なんて罪深いんでしょうかキリトは。

「翠星のガルガンディア」 第2話 「始まりの惑星」

翠星のガルガンディアの第2話の感想ですよ。

前回に引き続き、レドと眼鏡巨乳美女のリジットととの交渉から始まりますが、もうすでに決裂気味です。
明らかに自分たちを上回る技術というか武器を持つ相手に、リジットはちょっと強気すぎじゃないかと。
もう少し話を聞いてもいいと思います。

交渉決裂したリジットがエイミーに話を聞きます。

敵じゃないんじゃないかと思うエイミーです。

いっぽうその頃、レドは前回回収していた謎の物体にレーザー当ててなにかしてます。
オカリナみたいなものにするんですか?

エイミーにはベベルという病弱な弟がいるのですが、すごいこの弟頭がいいです。
想像力が豊かと言うんでしょうか、エイミーの話を聞いて、レドが宇宙からきたんじゃないかと言います。
レドに会ってみたいというベベルに、エイミーもレドへの興味を募らせていきます。

そしてレドはまた、オカリナみたいなものを作成途中でした。

そこにエイミーが、魚の干物みたいなものもってきて、レドの目の前で食べてみせてレドに渡します。

敵意がないよという証ですか?

レドも干物を食べますけど、リアクションは薄いです。

エイミーの飼っている小動物も、こっそりとレドが飲んでいた栄養ドリンクかなにかを飲んでみてます。

そして少しエイミーとレドとチェインバーが会話したりしました。

次の日、船団が海賊に襲われるイベントが発生。

そんな中、エイミーがみんなのピンチを救いたい一心で、レドに助けを求めます。

ベローズがスマート本的なことになりそうな漢字で大変な所に、レドが敵と味方をスキャンして判別してます。
そして、チェインバーが謎の光線を発射したら、敵の乗り物と人を無慈悲に消滅させてしまいました。
非常にピンチだったベローズも、何が起こったのかわけがわからない感じです。

そんなこんなでレドの危険性が明らかになったところで次回へ。

絡みが少ないので、萌え的なものはまだない本作です。
エイミーとの交流がどうなるのか楽しみですが、今回の大量虐殺は何か影を落としたりするのでしょうか。


«  | ホーム |  »

2013-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

今日ここカウンター

 

 

プロフィール

 

亜積史恵

Author:亜積史恵
腐女子という年齢でもありませんが腐ってることは確実。
猫好きですよ。

 

最新記事

最新コメント

 

 

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

 BLサイトのランキングです

[ジャンルランキング]
アダルト
70228位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
317位
アクセスランキングを見る>>

 

最新トラックバック

 

 

フリーエリア

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。