FC2ブログ

Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソードアート・オンライン」第15話「帰還」

いつ最終回までいけるのかわからないソードアート・オンラインの感想日記ですよ。

6000人の命を救って、現実に帰ってきたキリト(桐ヶ谷和人)ですが、前回のやせ細った身体から、日常生活が営めるまで回復しました。

しかし、重度のネトゲ脳になっている和人は、妹の直葉の竹刀を装備として鑑定したりとかしています。

直葉との剣道シーンでは、現実との区別がつかないのか、アインクラッド流の剣術(片手)で直葉を翻弄したりとか。
これマトリックス的なあれなんでしょうかね。
結局脳がイメージできることが重要みたいな。

剣道また始めるかなみたいなことを言う和人に、直葉は大喜びですが、ある女の所にお見舞いに向かう姿を見て心を痛めるシーンが。
もう直葉がお兄ちゃん大好きなのが傍から見てバレバレですよ。

そして和人が病院に向かった先には、未だ昏睡状態のアスナがいました。

クリア報酬としてなのかどうか、アスナの脳は無事だったようですが、生還者6000人のうち、300人は昏睡状態のままだとか。

沈痛な面持ちでアスナを見つめる和人の前に、アスナの父親と、変態チックな男が現れました。

その男須郷伸之は、アスナの父親の部下で、SAO開発会社アーガスの代わりにサーバーを維持しているようです。
それ生殺与奪権を握られてるっていいませんか?

とうか声、子安さんですよね?

なんということでしょう、アスナの父親は、須郷とアスナの結婚を認めるつもりらしいです。
ひどいです。
アスナが気がついたら死にたくなります。
親の気持とか考えたくないです。

まあキリトとアスナがSAO内で結婚してましたとかいう方が、親にとっては受け入れがたいことでしょうが。
どれだけ信用されてるんですがこの変態。

初見から変態だと思ってました。
そしてやはり行動も変態でした。

父親が去った後、和人の前でアスナの髪の匂いをかぐ須郷。
NTR台詞を吐きましたよ。
子安声でやると効果はバツグンです。

ここで思いました。
須郷×和人(キリト)はありだと。
もちろん愛なんてない、鬼畜もので。
アスナを人質に色々されてしまうキリト美味しいです。

家に帰って落ち込んで泣いちゃう和人を、直葉が抱きしめて慰めます。
好きな人を諦めちゃダメだと言う直葉ですが、自分の気持に嘘をつかないことを決めます。

ここで実は、直葉と和人が従兄妹だということが設定が明かされます。

次の日、直葉に添い寝してもらった和人が、直葉のほっぺたをツンツンしたりして起こして赤面させるギャルゲーみたいな展開があります。

そのあと、エギルからアスナの目撃情報が入ったところで終わりました。

3巻まで原作読んでるんで、だいたいのことはわかりますが、すごい急展開でした。
アニメ全部観る前に原作の続き読むべきか迷いますね。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://adumishie.blog.fc2.com/tb.php/20-985809f3

«  | ホーム |  »

2017-05

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

今日ここカウンター

 

 

プロフィール

 

亜積史恵

Author:亜積史恵
腐女子という年齢でもありませんが腐ってることは確実。
猫好きですよ。

 

最新記事

最新コメント

 

 

カテゴリ

月別アーカイブ

アクセスランキング

 BLサイトのランキングです

[ジャンルランキング]
アダルト
146794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
BL
511位
アクセスランキングを見る>>

 

最新トラックバック

 

 

フリーエリア

 

にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

 

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。